FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

風の輪

Author:風の輪
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】西淀川区障がい者相談支援センター風の輪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク

人も自然とのつながりで生かされている

久しぶりに丹波の畑へ作業に行ってきた。
丹波への道中では、ほとんどの田んぼで田植えが終わり、つばめが飛び交う風景に心が和む。

主な作業内容はサツマイモの植付けと梅の収穫の準備である。
曇り空であったために、気温はそれほど高くなく、むしろ作業はしやすい。
腰痛に気を配りつつ、いい汗を掻いた。吹き抜ける風が心地良い。

作業の合間に振り返ると、愛宕山の緑の稜線が風に揺れているのが、遠望できる。
山から降りてきた涼しげな風は、作業をしている畑の周りにある木々にも、穏やかな潤いを与えてくれているかのようで、その懐に佇むわたしも、自然の一部に取り込まれた気分になり、丹波の風が確かに見えた。
風に揺れる楓
風に揺れる楓

少し大げさに言うと、すべての人間は自然と共生しているのだと感じた一瞬であった。
間近に迫った梅の収穫が楽しみである。
大きく育った梅の実
大きく育った梅の実


職員Aがお届けしました。