FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

風の輪

Author:風の輪
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】西淀川区障がい者相談支援センター風の輪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク

ガイドヘルパー講座 開講中

台風も過ぎ、朝晩めっきり涼しくなった秋の夜長、皆さんいかがお過ごしですか
支援センター風の輪では、まさに「学びの秋」ということで、外部に向けての「ガイドヘルパー講座」を開催しています。
場所は上新庄駅の北口改札を出てすぐの、高齢者施設「水仙の家」をお借りして、夜18時頃より、約2時間~2時間半の座学を4コマと、実際に知的障がいのある方と関わって頂く実習を組み合わせた内容です。
つい昨日も、現場でバリバリ仕事をしている中堅職員に、「移動支援の基礎知識・業務」という内容で、講義をして頂いたところです。
GH講座1


夜な夜なやっているこの講座の存在を、もしかしたら法人内の方も知らない人もいるかもしれませんが、実はこの秋の講座で13回目になるんです!!!
なかなかの実績(^◇^)

今までは5月中旬頃に年1回だけ行うことが多かったのですが、「ガイドヘルパーいませんか!?」というニーズが高い年は、今年のように秋に2回目を開催することもあります。

この講座で養成される「ガイドヘルパー」。
本当にニーズがあるんです。
家庭に支援が入ることにハードルが高い利用者・ご家族にとっても、外出に付き添ってくれるヘルパーさんならお願いしようかしら、と思う方も多いようです。また保護者がどうしても仕事のため時間が取りにくく一緒に外出できなかったり、本人が1人で外出するのには不安がある方なんかにも、余暇の時間を中心に付き合ってくれるガイドヘルパーはニーズがあります。
しかし、実際には巷のどの事業所でも土日・祝日のニーズがある日に動いてくれるガイドヘルパーが少ないことが課題として挙がっているようで、うちのホームヘルプ部門も同じです。土日・祝日のニーズにいつでも応えられるほど、人員がいるわけではありません。そこで、資格をとる機会から提供し、そのままここで働いてもらい経験を積んでもらおう!!というのが、このガイドヘルパー講座の狙いなわけです。

しかも学生さんは受講料2000円!安っ!!
いやはや本音が出てしまいましたが、受講料は安くても、内容は充実した講義です。なぜなら「ガイドヘルパー」はニーズはあって、入りやすい支援ですが、土日・祝日のお休みに利用者の方にスポットで入るという職務の性質上、それ相応の責任も発生します。利用者の方にとっては、ガイドヘルパーとして支援に来てくれた人が、10年プレイヤーなのか、入ったばっかりの新人さんなのかは、あまり関係ありません。また支援者の側にとっても、集団の中で支援するわけではないので、何かあった時に自分だけでどう対応するか、その基礎を学ぶ必要があります。
移動中にきちんと安全面に配慮してくれ、一緒に楽しんでくれる支援者となってもらえるよう、スタッフも気合いを入れて臨んでいます。

講座を終了し、一人でも多くの方がガイドヘルパーとして活躍し、知的障がいの方々の社会参加を支援してくれることを大いに期待して、今日も某Y職員が、隣で大量のレジュメを印刷してくれています!!!
レジュメ

職員T



職員 |