FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

風の輪

Author:風の輪
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】西淀川区障がい者相談支援センター風の輪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク

勘違いのススメ

フリーペーパーのR25(25才以上の男性ビジネスマン向けの情報誌)に載っていたので、ご覧になった方もおられるかもしれませんが、
知らなかったです!勘違いの「違い」は「ち(方向)」が「交(ちが)う」ことで、具体的に言うと、反対方向からやってくるものと交差し、そのまま行き過ぎる事。つまり、「違い」で注目すべきは差異ではなく接点。勘違いも現実とどこかで交差しており、たた行き過ぎているだけ との話。

「行き過ぎたら戻ればいいし、行ったり来たりするうちに現実の輪郭をつかんでいく。向き合っているからこそズレるわけで、向き合わないことには何も始まらない。間違いも勘違いもなければ、何とも交われないのである。」

われわれの仕事というか、水仙福祉会が大事にしていることは、こういう切り口もあるのだなと思いました。利用者に向き合ってるからこそ、利用者の気持ちに近づこうと思っているからこそ、間違いも勘違いもあると!

若手職員の皆さん、間違いも勘違いも大いに結構!大いに行ったり来たりしましょう!「向き合っているから、間違いました。勘違いしました。」と時に開き直りましょう!情報は大切ですが、逆に情報を集めれば集めるほど、次第に想像力が失われることもあります。時には、直感ですすめてみるのもいいかも?


かく言う私、若いころはネットやスマホやメールなどなく、少ない情報でわかろうとして、今から思えば勘違いばかりだったような・・・

「あの女の子は絶対、俺に気がある」・・・究極の勘違いでした(笑)。

職員M


職員 |