FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

風の輪

Author:風の輪
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】西淀川区障がい者相談支援センター風の輪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク

5月からのスタート

長らくご無沙汰しておりました、プーさんです

今日はちょっと仕事のお話を…。
風の輪のメインの業務となる相談支援ですが、この業務に携わる職のことを「相談支援専門員」と言うのをご存知でしょうか?
聞き慣れない言葉かなと思うのですが、実はちゃんと専門職としての名称があるのです。
おそらく、介護保険での「ケアマネジャー」というお仕事は、みなさんよく耳にするかと思いますが、障がい福祉サービスでの「相談支援専門員」はまだまだ浸透していない印象ですよね。

この「相談支援専門員」になるには資格が必要で、資格を取るためには5日間の研修と実務経験の年数が求められます。
経験年数といっても様々な条件があるのですが、私の場合は、福祉系の大学出身ではなかったので、丸々実務経験が必要でした。

その年数が、なんと、ようやく先月末で満たされたので、令和の始まりである5月1日から、プーさんも晴れて「相談支援専門員」として認められたのですよ~!!
新たな名刺にも、ちゃんと資格名が載るようになりました(^^)

もちろん、資格のあるなしで仕事への姿勢が変わることや、資格があるから良いというものでは決してないのですが、「相談支援専門員です」とはっきり名乗れるというのは、なんだか心強いものがあるなと感じています。
ただ、まだまだ知識も乏しく勉強ばかりの毎日なので、それに見合う知識や経験をさらに積み重ねていく必要があるし、“本人”を理解しない名ばかりの「相談支援専門員」になってはいけないということはいつも心に留めています。

自分の支援のあり方が本当に良いのか、見るべきところを見ることができているのか、常に自分を振り返りながら、自分らしい向き合い方で頑張っていきたいと思います!*


byプーさん


職員 |