FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

風の輪

Author:風の輪
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】西淀川区障がい者相談支援センター風の輪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク

内定者研修に行ってきました

こんにちは!プーさんです

先日から法人の内定者研修が始まりました。
私もかれこれ5年前にみっちり受けた研修です。笑
この内定者研修では、水仙福祉会の考え方である「本人主体」についてお話があります。
その他、各施設の若手職員から、現場の声として発表があるんですね~。

そして今回、支援センターの発表者として、プーさんが行ってまいりました~!
ホームページに掲載されている、「職員の一日」の様子も踏まえながら、支援センターの仕事って何なのか、私たちの役割は何なのか、という話をしてきました。

その中でも、発表の最後に内定者の方に向けてお伝えした、一番大切だと思っていることをこのブログでも書かせていただきます!


本人主体の支援の中で、本人の希望を実現していくためには、単に言葉通りに支援すれば良いというわけではありません。

本人が発した言葉の表面だけを捉えるのではなく、その言葉の裏にある「意思」や「考え」を引き出し、本人がどのように過ごしたいのか、本人が生き生きと過ごしていくには何が大切なのか、また、不安なことや楽しみなども含めて、一緒に支援を考えていくことが最も大切だと思います。

これは、通所施設での直接支援や支援センターでの相談支援など、支援の形態に関わらず共通することですよね。
利用者さんの言葉に揺さぶられて、本人の思いが汲み取れない、言葉通りにしても上手くいかないといったことは多々あると思います。
しかし、その都度、言葉がすべてだと思わずに、一度立ち止まって、本人の気持ちを考えてみてほしいと思います(*^^*)


by プーさん


職員 |